ソファの臭いの取り方とは?【布製ソファー】

ソファは自宅の中でも落ち着く空間なので家族で住んでいれば、誰かが座っていることが多い場所です。

でも、ソファーって中々掃除しにくいですよね。

カバーがしてあれば、頻繁にカバーを選択する事が可能ですが、それでも、飲み物をこぼしたり、ソファーの布自体に汚れや臭いが移ったりもします。素材によっては体臭が移ってしまう事も、、

特に布製ソファーに移った臭いは厄介ですよね。

当ページでは、掃除のしにくいソファーの布に付着したニオイの取り方を紹介しています。大掃除や知り合いを自宅に招く時などに大活躍します。

重曹で布製ソファーの頑固な臭いを除去

年末の大掃除の時などに大活躍なのが重曹です。その重曹はソファのニオイの除去にも役立ちます。

手順やポイントは下記の通りです。

1.掃除機で大きな汚れやカスを取り除きます。

2.ソファ全体に重曹の粉を振りかけて数時間~一晩放置します。

3.掃除機で重曹を吸い取っておしまいです。

数時間置かなくてはいけませんが重曹と掃除機があれば、とっても簡単にできます。

重曹は頑固な臭いだけでなく、汗や皮脂汚れなど酸性の汚れを中和して落としてくれる優秀な掃除道具です。キッチン周りなどの掃除で重曹を使ったついでに使えるのも良いですね。

また、重曹は人間はもちろん動物や環境にも優しい物質なので、ペットや小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えるのも利点です。

炭でソファの臭いを吸着

備長炭や竹炭などの炭にはニオイを吸着する力があることは有名ですよね。炭の消臭パワーはソファの臭いに対しても有効です。

炭が入った市販の商品でも良いですし、炭自体を購入してきて使っても大丈夫です。

通気性の良い袋に炭を入れソファの上に並べておき、その上から密閉するようにカバーをかけておき臭いを吸着させます。

炭には製法や焼き方によって黒炭・白炭がありますが、黒炭はアルカリ性、白炭は酸性の臭いをキャッチしやすいので、できれば両方準備したいところです。

性質 臭いの種類
アルカリ性 糞尿(アンモニア)、魚臭(アミン)
酸性 靴下(イソ吉草酸)、体臭(酢酸)

ちなみに食べ物やタバコなどは両方の性質がある複合臭です。

市販の消臭スプレーを使う

薬局やドラッグストアなどに行くとファブリーズやリセッシュなど様々な消臭スプレーが販売されています。当然、これらもソファの消臭対策に有効なので、これらを使うのもオススメです。

最近では、気になるニオイや使う用途・場所に合わせた商品も発売されていますし、好みの香りを選ぶことができるのもメリットです。

また、除菌や防臭できる商品がある点も見逃せません。

汚れたらすぐに掃除が基本!!

ジュースや食品をこぼしたり等でソファを汚してしまった時は間髪入れずにすぐに掃除をするのが臭いをつけないポイントです。

掃除の仕方

  1. 容器にぬるま湯を入れそこに中性洗剤を溶かします。
  2. その溶剤を含ませ軽く絞った布でポンポン叩く。
  3. 汚れが浮き上がってきたら乾いた布で拭き取ります(乾拭き)。
  4. 自然乾燥して完了

濡れた状態で置いておくと布が傷む原因になってしうので、ドライヤーを使いたくなりますが、ドライヤーで乾かすのはそれ自体が傷む原因になるのでやめましょう。

小まめに掃除機で吸引

食べカスやホコリなどをソファの上にこぼしてしまった時はすぐに掃除機などで吸引して掃除しましょう。ノズルタイプの掃除機を活用する事で隙間に入り込んでしまったゴミや汚れも取り除くことができます。

また、気が付いた時など定期的に掃除機をかけるなども嫌なニオイを定着させないために有効です。