かほりのおめぐ実は体臭に効くの?

かほりのおめぐ実は体臭に効果あるの?

かほりのおめぐ実は口臭だけでなく体臭にも効果が高いと人気のエチケットサプリです。

自分の体臭って自分ではわからないものです。特におじさん臭といわれる加齢臭などは男性特有の症状だと考えがちですが、実は女性でも加齢臭やミドル脂臭というものは発生します。

また、ニンニクなどの臭いのキツイ食べ物を食べると、ニオイの原因が血液を通り皮膚からガスとして発せられることが分かっています。

女性男性、年齢関係なく体臭のケアは大切です。

管理人

当ページでは、かほりのおめぐ実がどのように体臭に対して効果を発揮するのか、実際にかほりのおめぐ実を飲んだ人が体臭に対して、どのような効果を紹介しています。

体臭に対してのかほりのおめぐ実の有用成分とは?

かほりのおめぐ実に含まれている体臭に対しての有用成分を下記にまとめてみました。

成分名 特徴
沖縄県産モリンガ 赤ワインの8倍のポリフェノールという抗サビ力の強い素材です。加齢臭の原因の一つは皮脂の酸化(サビ)が原因の一つです。抗サビ力は体臭対策に大切な要素です。抗酸化力の強い食材は加齢臭対策になるとされています。
シャンピニオンエキス 体内の腐敗が進行するのを抑えるばかりか、腐敗臭まで中和してくれます。それに加えてミネラルやたんぱく質が豊富なので善玉菌と悪玉菌のバランスを整えます。
乳酸菌 食べた食事が腸内に長い時間留まる状態(便秘)は体臭に対しても悪影響を与えます。かほりのおめぐ実には腸内フローラに働きかける乳酸菌が配合されています。
贅沢な10種のハーブ かほりのおめぐ実には厳選された10種のハーブが贅沢に配合されています。シナモン、リコライス、ペパーミント、カモミール、アカメガシワ、フェンネル、クローブ、金時生姜、レモン、カモミールを含有。

かほりのおめぐ実には王道のニオイ対策成分から、こだわりの原材料までバランスを考えて配合されています。

だからこそ、体臭に対しての効果を実感している方が多いんですね。

かほりのおめぐ実を飲んだ人の体臭に対しての口コミ紹介

かほりのおめぐ実を実際に飲んだ人の体臭の変化に対しての感想を集めました。

男性

ちょっと高いかなと思ったのですが、思い切って購入してみました。もう3週間ぐらい飲んでいますが、確かにオナラの臭さや便臭が軽減された気がします。奥さんにも体臭が気にならなくなったといわれました。買って良かったです!
40代男性 

〇女性

元々が脂性肌で若い時から体臭が気になっていました。ある日友人にクサいと言われたので口コミサイトで評判の高かった「かほりのおめぐ実」を注文しました。飲むようになってから友人に指摘されなくなりました!
30代女性 

〇女性

かほりのおめぐ実を飲む前まではデオドラントスプレーやロールオンクリームなどで対策していましたが、それだけじゃ満足できなくてかほりのおめぐ実プラスしました。かほりのおめぐ実を飲むようになって一日中着た洋服も臭わなくなりました。
40代女性 

男性

『パパくさい』と娘に言われたのがきっかけで、かほりのおめぐ実を飲み始めました。これはイケないと思い『かほりのおめぐ実』を飲み始めました。今では嘘みたいに臭いを感じなくなりました。娘との関係も良好になりました。
30代男性

体臭の変化を実感している人が多くありました。意外ですが体臭は毎日の食事や口にするものでにも左右されます。

毎日、魚を食べると身体から魚のニオイがする事は有名ですよね。体臭対策は体の内側からのケアがとっても大切なのです。

体臭が発生しにくい生活習慣を紹介

体臭には加齢臭の他にも疲労臭やダイエット臭などがあります。かほりのおめぐ実にプラスして体臭対策になる生活習慣を意識する事でより効果を実感しやすくなります。

以下の生活習慣を実践してみてください。

汗を小まめに拭き取る

汗は時間が経って雑菌と混ざりあい酸化すると体臭の原因になります。かほりのおめぐ実で体臭対策が出来ますが、小まめに拭き取ることも大切です。分泌されたばかりの汗はニオイがしません。

汗をかいたら1時間以内にボディーシートなどで拭き取るようにしましょう。制汗スプレーなどを使う場合は汗を掻く前に使いましょう。

汗をかく習慣を身につける

汗腺が機能が弱く汗をあまりかかない体質の方は、ニオイの強い汗が出やすいです。軽めの運動や半身浴など普段から汗をかく習慣を身につけるようにしましょう。

食生活

体臭予防になる食べ物を食べることも大切です。

体臭予防に繋がる栄養素

  • ポリフェノール
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 乳酸菌、ビフィズス菌
  • 食物繊維

リンゴやブドウなどのポリフェノールがたっぷりのフルーツなどの食材は抗酸化作用も強くオススメです(ただし、果物の過剰摂取は糖分過多になるので注意)。また、ビタミンCビタミンEなども活性酸素の働きを抑制するのに役立ちます。

その他にも腸内環境を整える乳酸菌ビフィズス菌や老廃物の排出力を高める食物繊維などは日々の食事の中に上手に組み込んでいきましょう。

▼管理人のかほりのおめぐ実口コミレビューはこちら▼